結婚式に結婚を祝う気持ちを伝える電報の送り方

メインビジュアル

結婚式にどうしても出席できない場合には、電報を送って、新郎新婦へお祝いのメッセージを伝えましょう。

電報にはいろいろな種類があり、押し花や漆で装飾した台紙を使ったものや、バルーンやぬいぐるみなどにメッセージを添えて送るものなどがあります。

新郎新婦の好みに合うデザインを選ぶようにしましょう。電報サービスの申し込みは、当日でも間に合う会社もありますが、結婚式の日取りが前もって分かる場合は、間に合わないということがないように早めに申し込むと安心です。遅くても、前日までには手配しておきましょう。

会社によっては、配達希望日の1ケ月前から申込むことができて、おおまかな時間指定サービスを取り入れているところもありますので、事前に確認しておきましょう。遅くとも、披露宴開始1時間前までには、披露宴会場に届くように手配しましょう。

宛て名は、新郎新婦の二人宛てで送るのが一般的です。しかし、新郎側もしくは新婦側のどちらかとしか面識がない場合などは、一人の名前を書いて送っても問題ありません。新婦に宛てたものであれば、新婦の名字は旧姓で送ります。もしも、すでに入籍済みで、ほとんどの参列者が知っているような場合は、結婚後の姓で送る場合もあります。

送り先は、挙式や披露宴が行われる会場となります。「住所や会場名を間違えてしまい、届かなかった。」ということがないように、送る前に、日時と会場名を再度確認してから送りましょう。披露宴中に、司会者が祝電を読み上げますので、誰から送られたものかが分かるように、文末には、送り主の名前を忘れずに入れておきます。

メッセージの内容は、新郎新婦(受け取る側)が、友人、職場の上司や同僚、学生時代の後輩、親戚など、受け取る側と送る側との関係によって異なりますが、いずれの場合も最初に、「ご結婚おめでとうございます。」などと、お祝いする言葉を書きます。親しい方に贈るのであれば、親しみのこもった文面も書き添えましょう。最後は、「お二人の門出を祝し、末永いお幸せをお祈り申し上げます。」などとします。もしも、急な用事で、結婚式に参列できなくなった場合は、お祝いのほかに、お詫びの気持ちを表すためにも、型どおりの文例の電報を送るのではなく、できるだけオリジナルの文章を書いて送った方がよいでしょう。

この時、電報では避けたい忌み言葉がありますので気をつけましょう。

「切れる」「別れる」「戻る」「戻す」「離れる」といった言葉は、別れを連想させますので、結婚式にはふさわしくありません。また、「重ね重ね」「しばしば」「たびたび」などは、再婚を連想させますので使わないようにします。マナーを守り、受け取った新郎新婦に心から喜んでもらえる電報にして下さい。

定番商品