結婚式には可愛いミッフィーやキャラクター電報を

メインビジュアル

今まで学校の入学式や卒業式、様々な所で祝電を読み上げる場面に立ち会っていると思いますが、結婚式で電報を送るのもポピュラーになっていますよね。

結婚式に出席するのならば必要ないかもしれませんが、何かの事情で出席できない時に電報を送ると大変喜ばれます。電報を送るのは至って簡単です。インターネットなどで簡単に申し込めますし、今はミッフィーやディズニーキャラクターのぬいぐるみ、バルーンがついたものが人気で、結婚式当日のウェルカムアイテムとしても飾れます。

電報を出す相手によって台紙などの雰囲気を変えてみましょう。

仲の良い友人に出す場合には、ぬいぐるみのカップルがついた物や、キャラクターの台紙が可愛くて人気です。

職場の同僚に出す場合には、プリザーブドフラワーとセットになったものや、袱紗タイプのものがおしとやかで華があり、人気です。

上司や目上の方に出す場合には、刺繍の施されたものや風呂敷に包まれたタイプのものが品があって、新郎新婦を立てることができるでしょう。

もし同僚や友人同士で連名で出すから多少値が張ってもいいという場合には、バルーンのついたものは非常にインパクトが大きくてサプライズにもってこいです。他にも、有名デザイナーのクラッチバッグのようなタイプになっているものも後々使えるので喜ばれます。

いざ台紙を選んだらどんなメッセージを書けば良いかわからない、という方も少なくありません。特に上司や目上の方にはきちんとした言葉遣いや内容でないと恥ずかしい思いをすることもあるかもしれません。

しかし心配はいりません。どの電報会社にもだいたい文例が何種類も用意されているので、それをベースに少し手を加えれば良いだけなので簡単です。他の人も沢山利用するものなので、文例をそのまま使うのはやめた方が良いでしょう。

また、いくら親しい友人に贈るからと言って長々と手紙のように綴るのも読むのが大変ですし、文字数に限界もあるのでなるべくスマートにまとめると気持ちが伝わりやすいと思います。

電報の料金は様々で、台紙や文字数によっても変わってきますが、だいたい2~3000円程度で出せるものが多いです。バルーンや特別仕様のものは数千円~1万円台になることもありますが、その場合は文字数込の値段の場合が多いです。

注文してから届くのに、当日中でも可能な場合がありますが前もって注文しておいた方が安心ですね。

結婚式会場に直接届くようにする場合が多いと思いますが、くれぐれもお間違えの無いように気を付けてくださいね。

定番商品