結婚式用のおもしろい電報が豊富

メインビジュアル

電報は、昔は手紙より早い伝達手段のひとつでしたが、現在ではさまざまな行事において使用される、形式的なものになっています。

結婚式や葬儀で使用されることが多く、お祝いやお悔やみの言葉を伝えます。

結婚式のお祝いとして利用される祝電は、式や披露宴に参列できなかった場合に送る、お祝いのメッセージです。

従来の台紙タイプに加え、現代はさまざまなおもしろいタイプの電報が発売されています。

例えば、台紙タイプにおいても、格調高い刺しゅう入りやポップアップカードのようなスタイルなど贈る相手によってデザインや種類が選べます。

また、メッセージよりもプレゼントに近いような商品では、花束やプリザーブドフラワーが付いたフラワー電報やぬいぐるみが付いたもの、写真立て付きなどがあります。

袱紗や風呂敷として使用できる和風なものもあります。

結婚式後も日常生活で利用できる実用的な商品の組み合わせということで人気があります。

当日の結婚式や披露宴会場を華やかにするのがバルーン電報です。

ヘリウムガスでぷかぷか浮かぶバルーンは、存在感とサプライズ感が大きいです。

大きいバルーンでは2メートル程度あるので、会場を楽しく華やかに演出するお手伝いができます。

また、バルーンの中にアレンジ花が入った、卓上型バルーンという珍しい商品もあります。

誕生日などのお祝いイベントにも喜ばれます。

おもしろい電報が豊富にありますが、送付する相手によって心を込めて選ぶことが大切です。

友だちや同僚宛てに向いている商品と、上司や目上の人宛てに向いている商品は異なります。

それぞれのシーンで、相手の好みや性別、年齢なども考慮に入れて選ぶのがおすすめです。

料金は、文字数と商品がセットになったものと、商品に文字数の長さによって料金が加算されるものがあります。

文字数込みの商品はメッセージの長さに制限がありません。

また、文章は文例集を利用するのがおすすめです。

結婚などのお祝いやお悔やみの場合、使用してはいけない忌み言葉が存在するからです。

結婚の場合は、例えば再婚をイメージさせる、たびたび、や重ね重ね、などが、離婚を連想させる、切る、別れる、消えるなど多数の縁起の悪い言葉があるので注意が必要なのです。

また、結婚式の場合は、式や披露宴に間に合うよう、送付日時に気を付けます。

午前中開催の場合は、前日までに到着するようにすると安心です。

午後から開催の場合は、開始1~2時間前には到着するようにしたいものです。

定番商品