結婚式や披露宴での電報の送り方

メインビジュアル

文字を利用しての連絡手段としては、かつてはハガキや封書でしたが、パソコンやスマートフォンの普及が広まった現代では、電子メールやSNSが主流と言っても過言では無いでしょう。ましてや、電報というとかつての緊急時の連絡手段と言うイメージから、一度も利用したことが無い、と言う人も決して珍しくないでしょう。

その様なイメージがある電報ですが、全く利用するシーンが無くはありません。特に冠婚葬祭の席に何らかの形で出席したことがある人ならば、様々な理由によりその場に参加することが出来ない方が、気持ちを伝えるために電報を送るという場面を見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

冠婚葬祭時における電報というと、結婚式に送る祝電をまずは思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、海外など遠方に住んでいる、あるいは病気や怪我で長期に渡る療養中などの理由により、お祝いの席に駆けつけることが出来ない場合などで、電報が送られるケースが多いからです。

しかし、電子メールなどによる連絡が主流となった今、祝電の送り方が分からず戸惑ってしまうと言うエピソードもよく見聞きします。結婚式における祝電の送り方ですが、現在ではインターネットを利用した申し込みが、その手軽さから注目と人気を集めています。

せっかく祝電を送るのならば、何か気の利いたメッセージをと考える人も多いでしょう。インターネットによる申し込みの場合、性別や間柄によってふさわしい文例が、多数用意されています。もし、メッセージを考える余裕が無い場合、それらを文例を参考に、あるいはそのまま申し込むことが出来ます。

インターネットによる申し込みの場合、送付先や送るメッセージを自分の目で確認することが出来ます。また、結婚式の場合は、ある程度日数に余裕があるケースが多くなります。事前に申し込んでおくことにより、挙式直前になって慌てて手配することがなくなり、それに伴うトラブルも回避することが出来ます。

また、祝電にふさわしい台紙をチョイスすることにより、お祝いの席がより華やかに演出される効果もあります。台紙は様々な価格帯で用意されているので、予算やシーンによって選ぶとよいでしょう。華やかな台紙の一例としては、開くとメロディーが流れるもの、押し花などが表紙に施されたものなどがあり、人気を集めています。

祝電を送るタイミングですが、少し余裕を持って届くよう手配するのが良いとされています。

定番商品