結婚式に贈りたい祝電の文例

メインビジュアル

結婚式には出席できないけれど、大切な友人、お世話になったあの方へどうしてもお祝いの気持ちを伝えたい。そんな時には祝電という方法があります。今はカードだけでなく、ぬいぐるみやプリザードフラワーを添えて贈ることもできるので、あなたらしく、心のこもった祝電を贈ってみませんか。

そうとは言え、いざ文章を書こうとしても悩んでしまいますよね。ましてや結婚式のお祝いとなるとタブーとなる表現もあるので気をつけなければなりません。せっかくのお祝いにマナーを欠いてはお互いが後悔してしまいます。そのような事態に陥らないためにも、まずは基本となる文例を探してみましょう。

ほっと電報では、結婚式向けの文例がなんと800種類以上用意されています。そして、贈る相手が家族なのか友人なのか、あるいは職場関係なのか、その関係性から選ぶことができるのでとてもお手軽です。そこから自分が特に相手に伝えたいこと、新郎新婦のいいところなど、オリジナルの言葉を付け加えていくといいですね。こうすることで、相手にもより深く心に残ることでしょう。

気を付けたいのは別れや再婚を暗示させる言葉です。別れる、離れるはもちろん、切る、終わる、重ね重ねやくれぐれといった言葉の使用は控えた方がいいでしょう。つい使ってしまったということがないように、サイト上でしっかりチェックしておくことが大切です。

そして最近ではぬいぐるみやバルーンを添えた祝電が人気です。贈られた新郎新婦はもちろん、参列者にとっても驚きや目を楽しませてくれるので好評のようです。新居に飾ってくれたら嬉しいですよね。選ぶ方も楽しいのではないでしょうか。

さて、いざ贈るとなったら、祝電の到着日時にも気を配りましょう。当日は皆忙しいので、午前中の披露宴ならば前日までに、午後ならば当日午前中には届くようにしたいですね。相手のことを考え、余裕をもって段取りしておくことが大切です。また、挙式をしない場合や海外挙式の場合はどうしたらいいのか悩む人もいるでしょう。そんな時は自宅宛てに、本人が在宅の日時を指定します。

ほっと電報なら日本全国への配送が可能で、披露宴の30日前から申し込むことができます。何らかの理由で当日中に届けたいという時にも、場所によっては可能な場合もあります。結婚式の招待状が届いたならば、参列する場合でも、こんな不測の事態に備えて一度はサイトを覗いて祝電のことを頭の片隅に入れておくといいかもしれませんね。

定番商品