結婚式の祝電を電報で送るとき、業者を比較する利点

メインビジュアル

結婚式に招待されたけれど出席できなかったり、招待されてはいないけれどお祝いのメッセージを伝えたいという場合、祝電を送りましょう。

祝電というとNTTも有名ですが、新規参入したほかの通信事業会社を選ぶ選択肢もあります。

その場合、料金体系に多少違いがあります。基本的には、台紙代と文字料金を足した金額が電報料金です。台紙がシンプルなものから豪華なものに変化することで値段があがりますし、文字数が増えることでも料金アップするのです。料金は25文字まで700円で、それ以後5文字ごとに90円ずつ加算されます。通信事業会社によっては、Webから申し込むと電話で申し込んだ場合より安くなるといったサービスを行っているところもあります。

結婚式のお祝いのメッセージが長くなり文字数が多くなるという場合はそういった会社のWebサービスを利用したほうがお得です。

電報の良さはメールなどと違いずっと手元に残しておけるということです。弔電や、会社からの祝電であればかっちりとした文字で送ったほうが良いですが、結婚式で友人におめでとうの気持ちを伝えたいという場合には自分の言葉で文章を書いた方があたたかみもあり気持ちは伝わります。

新規参入によって台紙の種類はNTTだけだったころに比べるとずっと増えました。シンプルな花柄や漆風のもの、刺繍風のものがあります。

豪華なものだとブリザードフラワー付きのものや漆の箱付き、花束付き、かわいいキャラクターのぬいぐるみ電報、フォトフレーム付きなどさまざまあります。メッセージだけでなくプレゼントもあげたい方、結婚の記念となる品を送って新居に飾って欲しいという方、心に残るものを送りたいという方にはオススメです。

直前に電報の手配をしようと考えると、内容の推敲が十分に出来ず、結局電報会社が予め用意した定型文になってしまいがちです。

30日前から電報は申し込みできるので、時間があるときにゆっくり考え贈ることが出来るのも電報のメリットです。また24時間いつでも申し込みが出来るので、仕事に追われる方でも申し込むことが出来ます。お届け状況を確認も出来るので、届いたか心配する必要もありません。お申込みも支払方法も簡単で誰でも贈ることが出来ます。

特別な日にしか贈らない電報だからこそ、お祝いの気持ちを伝えることが出来ます。

自分に合った方でお祝いの気持ちを贈るなら電報がおすすめです。

定番商品