結婚式で役立つ祝電文例集

メインビジュアル

大切な日、大切な人へのメッセージは電報で

スマートフォンが浸透し、先進国ではインターネット完全流通社会と言われている現代において、消そうとすればすぐに消えてしまう電子上でのやり取りよりも、本当に大切な時にメッセージを贈る方法としては、電報が向いているケースもあります。

電報にはいろいろな種類がありますが、基本的には、実際の台紙があり、そこにメッセージが載っていますので、スマホ・PCの画面上だけで完結するものとは重みも存在感も違います。しっかりとしたものであれば、ずっと家に飾っておくこともできる一種のインテリアや絵画のような役割を担うものまであります。

結婚式で役立つ電文いろいろ

本当に大切な時というのは人生において何度かありますが、その一つが「結婚式」でしょう。

本記事では、例文をいくつかの方法で分類してみましたので、ぜひ参考にしてみてください。きっと送られた方にとっても思い出のメッセージになるでしょう。

「文字数」:短いのも長いのも、それぞれの用途がある

A:少ない文字数で伝える

結婚される方との過去の思い出、共通した知人の名前などいろいろと書きたいことがある。多すぎて、電文が書けないということがありますが、基本的に、電報の文章は短いものです。ずっと飾っておく、残していくような台紙を選び、電文を書くのであれば、一種汎用的な文面で、文字数は少なめのもので大丈夫です。ちなみにここでいう「少ない文字数」とは、だいたい50文字前後のことを指しています。
[サンプル①]
晴れのご成婚を心からお祝い申しあげます。
末ながくご健康で、幸多からんことをお祈りいたします。
[サンプル②]
結婚おめでとう。素敵なパートナーにめぐり合えてよかったね。これから素晴らしいご家庭を築いてください。
[サンプル③]

ご結婚おめでとうございます。これからのお二人の新生活の門出を祝福し、心からお喜びいたします。

[サンプル④]
ご結婚おめでとうございます。
今後は二人で明るい家庭を築いてください。いつまでもお幸せに。

B:長い文字数で伝える

汎用的な文面だけではせっかくの電報がもったいない。そんな風に考える人もいるかと思いますが、もちろんそれも一案です。友人ならではのエピソードを含ませることで、さらに想いが伝わることもあります。ただ、長くても200文字前後にはおさめましょう。
[サンプル①]
〇〇さん、ご結婚おめでとうございます。昔から二人のことを知っていますが、じっくりとお付き合いを重ね、慎重にお互いを選ばれたお二人に、心からエールを送ります。〇〇ちゃんがご妊娠されているとのこと、こちらも非常に喜ばしく思っております。
この日の喜びをいつまでも忘れずに、末永くお幸せに。

※すでにお子さんがいる場合、新婦が妊娠されている場合などは、上のような言い回し、もしくは「元気な赤ちゃんを見せてください」など、新しい家族のことを含んだ文章にしてもいいでしょう。
[サンプル②]
〇〇ちゃんと〇〇さんのご結婚をお喜び申し上げます。学生の時から冗談ばかり言っていた〇〇さんが、サークルで一番真面目で清楚だった〇〇ちゃんとお付き合いし、さらには結婚するということを聞いて、〇〇大学〇〇サークル一同、本当に驚いております。お二人で力を合わせ、よき人生を築かれてください。

「冗談やかわいさを交える」

電報だからと言って、何も真面目に、丁寧な日本語で書かなければいけないというルールはありません。ご結婚される当人やそのご家族との関係によっては、むしろ丁寧な文章が伝わらないというケースもあります。親友・幼馴染・本当に仲の良い会社の同僚などには特に、冗談やフランクな言い回しでの電文を作ってみましょう。

[サンプル①]
ご結婚おめでとうございます。
会社の女性社員たちは悔しがっていますが、でも私はあなたの結婚をとても喜ばしく思っています(笑)。
社員一同、あなたのお幸せをお祈りしています。
[サンプル②]
おめでとう!本当に自分のことみたいにうれしいよ~。
人の気持ちがよくわかる〇〇ちゃんがお嫁さんなんて、〇〇君は幸せだね~
[サンプル③]
結婚おめでとう!
〇〇に先を越されちゃってすごく悔しいけど、でも私も本当にうれしいよ(笑)。
式にいけなくてほんとごめんね。
今度、新居に遊びに行くからよろしくね!
[サンプル④]
〇〇ちゃん、結婚おめでとう!
参加できないのがほんと残念だけど、きっと素敵な会になるんだろうな。。。
嬉しいけど、幸せいっぱいの〇〇ちゃんを思うとちょっとだけ妬けてくるよ。。
次は私の番だからね!(笑)

このように、様々な電文の形式があります。ぜひ、ご結婚される方との関係性で、最も伝わる文面を選んでくださいね。ただ、結婚式という荘厳な儀式とのバランスを考慮しつつ、かつ、あなただけしか書けないメッセージの作成ということを意識していきましょう。

定番商品