結婚式の祝電について

メインビジュアル

結婚式の祝電マナー

結婚式の祝電は式に欠席した人が新郎や新婦にお祝いの言葉を届けるために利用されることが多いです。
また、従来の電報は簡素なものが一般的でしたが、今ではぬいぐるみが付いているものやバルーンなどと一緒に贈ることもあるので、その在り方は変化しています。

しかし、マナーにおいては従来のマナーが用いられることも多いので、マナーに配慮する必要はあります。
たとえば祝電のために相手に贈る言葉です。新郎新婦への結婚へのお祝いの気持ちを込めて贈るため、忌みの言葉は控えたほうがいいとされています。たとえば切れる、別れる、離れる、戻るなどの言葉です。

このような言葉は別れを連想させてしまうので忌みの言葉になります。また、重ね重ね、たびたび、しばしばなどの言葉は再婚を連想させてしまうので忌みの言葉に該当します。
言葉以外にも贈るタイミングにも重要です。結婚式の祝電は披露宴開始の1時間前までに届くようにしなければなりません。一般的に披露宴で電報を読み上げるケースが多いので、それまでしっかりと届けておく必要があります。しっかりと届けるためにも早めの手配をする必要があります。結婚式の日取りなどが前もって知っている場合は早めに手配をして届かないなどのトラブルを回避する必要があります。業者によっては配達の一カ月前から予約することができるところもあるので、そのような業者にお願いするとトラブルなく電報を相手に送ることができます。

宛名書きのマナーに関しては一般的に新郎、新婦両方の名前を宛てるのが望ましいです。しかし、関係性においてはそれが異なる場合もあります。たとえば新婦宛てに出す場合は新婦の旧姓で宛てるのが最適です。すでに入籍済みで披露宴の出席者が周知の場合は結婚後の姓が望ましい場合があります。宛名の姓に関しては新郎や新婦に尋ねるなど事前に伺えっておく必要があります。送り先においてもマナーがあります。送り先は挙式や披露宴が行われる会場を指します。住所に間違えがないようにしっかりと確認をする必要があります。このように結婚式の電報にはマナーがあるので、しっかりとマナーを把握して相手に電報を送る必要があります。

様々な祝電

近年では様々な電報があります。たとえばバルーン電報です。これは風船が花束のように付いているので華やかさがあります。その他にもぬいぐるみやお人形さんを活用した祝電もあります。人形やぬいぐるみにウエディングドレスを着せることによって豪華に相手を祝うことができます。有名なキャラクターなども選択できる場合があるので、新婦さんが好みのキャラクターを選ぶこともできます。また、プリザーブドを活用した電報などもあります。これは定番になっている祝電方法で、この輪の形が永遠を表しているので結婚式などで活用されることが多いのです。結婚式が終わった後でも玄関などに活用することができるので、インテリアとしても効果的です。その他にもペーパー電報があります。

これにはポップアップの仕掛けなどがあるので、楽しむことができます。また、高級感もあるので、華やかに祝うことができるのです。このように現代では様々な方法があるので、新郎や新婦が喜んでくれるものを送ることができるのです。

祝電を業者に依頼

祝電を業者に依頼することで様々なメリットを享受することができるのです。今ではインターネットが普及しているので、インターネットからでも業者を探すことができるのです。インターネットでは多くのものを販売してくれるので、様々なものから新郎新婦のことを考えて選ぶことができます。

また、業者によっては届けたい日にちとお届け先の郵便番号で配送可能かチェックしてくれるところもあるので、このような業者を選ぶことでトラブルなどを未然に防ぐことができるのです。インターネットで販売している業者によっては自宅のパソコンやスマートフォンから事前に登録しておいたお届け先の住所などを選択するだけで届けてくれるところもあるので手間を大幅に削減することができるのです。

文例なども用意している業者もあるので、言葉が思いつかない場合やマナーを考慮する場合でも気軽に送ることが出来ます。

定番商品