結婚式の祝電の豆知識

メインビジュアル

祝電の送り方

結婚式に招待されたにも関わらず、突然の仕事や急用で当日に出席できないという事態になる場合があります。
このような場合に祝電というのを送りますが、いつ送るのかわからないという方がいる場合もあるので、今回はタイミングについての紹介をします。

そもそも祝電とは新郎新婦をお祝いするための電報です。送る場合には、新郎新婦から頼むといったことはなく、基本的には結婚式の当日に参加することができない方が任意で新郎新婦に送るものになります。昔は手紙だけといったものが多かったですが、今ではお祝いのメッセージカードと共にぬいぐるみや花、バルーンなどといったものが人気を集めているようで、多く見かけます。

それではこのようなお祝いのメッセージをいつ送るかと言うことですが、基本的には何らかの電報サービスを利用することがほとんどになるかと思います。最近では、披露宴が午後であれば当日の受付も行っているところもあり、結婚式の前日ならば、ほとんどのサービスが受け付けてくれるといったことが多くなっています。

しかし、詳しいことは地域やサービスによっても異なりますので、確認をする必要がありますが、披露宴の開始前に祝電の確認が行われますので、ギリギリになったとしても、一時間前くらいには会場に届くようにするといいと思います。
急な場合には仕方がないですが、大事な新郎新婦へのお祝いに万が一があっては大変なことになりますので、結婚式の前日には届く方が一番望ましいと言われています。また、配達日の一カ月前から申し込みができますので、準備は早めの方がいいと思いますが、配達が早すぎると会場側での保管と管理の手間がかかってしまうので、配達日は式の前日か2、3日前に設定しておくのが望ましいです。

祝電の書き方の基本

結婚式の祝電は、一般的には二人宛が望ましいと言われています。しかし、新郎新婦の関係性によっては、どちらか一方の性のみでも問題はないとされています。基準の一つとして、会社の部下宛てに出す場合、結婚相手と面識がない時は一方の性のみで書かれている場合が多いようです。また、すでに入籍済みの新婦宛ての場合は、基本的には旧姓で書きます。

次に宛先の書き方についてですが、宛先は挙式や披露宴が行われる会場の住所と会場名を書くようにします。当然ですが、住所と会場名を間違えると送り損ねたという事態にもなるので、しっかりと間違えないように書きます。
また、祝電の書き方ですが、文章の書き方としては特に決めと言うものはなく、常識の範囲で書く分には問題ないと思います。人によっては、新郎新婦二人宛に送る方もいれば、どちらか一方だけにメッセージを送る方もいます。また、友達の口調のようなメッセージの書き方をする人もいますし、その逆でかしこまった感じでメッセージを書く人もいます。

このように、様々なものがありますので、そんなに迷うことなく自分の思っている通りの言葉で書くといいと思います。
注意点としては、文章の長さは長くても200~300時程度にしておくのが一番いいとされています。また、文末には必ず自分の名前を書くのは忘れないようにします。文章を書く際は、スピーチなどではよく言われることですが、忌み言葉は縁起が悪いとされますので、使用しないように注意をする必要があります。それ以外については、相手へのお祝いのメッセージを思う存分文章にすると新郎新婦も喜びます。

結婚式に送りたい祝電

結婚式は、多くの人が人生の中でも大きなイベントになります。最近では式を挙げないカップルも増えてきているようですが、一生の記念になる場合が多くなっているので、挙式をする場合には素敵なものになります。そして、披露宴でよく目にするのが祝電になります。最近ではそのサービスも大きく変わってきており、多くの人がサービスを利用するようなものがたくさん出てきています。

その中の一つとしてバルーン電報と言うものがあります。この言葉を聞いたことがある方もいるかと思いますが、これはバルーンの形をしたメッセージになります。結婚式場などでよく見かけることがあります。また、挙式が終わった後のバルーンはと言うと、そのまま持ち帰ってインテリアとしても使用することができます。

このように喜ばれるものが増えてきているので利用している人が多くなってきています。その他にも、今ではぬいぐるみやフラワー等といったプレゼントとセットになったものも人気となっています。祝電は、インターネットからも手軽に申し込むことができる時代になってきていますし、メッセージを送るのが初めてだという方でも、インターネットで調べることで役立つサイトもたくさんあるので、それを参考にすることで誰かでも迷うことなく送ることができます。
メッセージを送らないよりは絶対に送った方が新郎新婦の方は喜ばれますので、最高な結婚式にするためにも式に行くことができないと言う方は、電報を利用すると便利です。

定番商品