結婚式の祝電について2

メインビジュアル

結婚式の祝電を送る時期

結婚式に招待されたにもかかわらず、仕事が忙しくて行くことができない、その他にも何らかの用事で参加できないという方もいますが、参加することができないという場合には、何もしないのではなく、しっかりと祝電を送り、新郎新婦をお祝いするようにしましょう。

では、そもそも結婚式の祝電とはということですが、簡単に説明をすると、当日結婚式に参列することができない方が、新郎新婦に向けてお祝いの言葉をメッセージとして送る、いわゆる電報のことになります。
新郎新婦にお願いをされて書くものではなく、参列することができないという方たちが、任意で新郎新婦に送るものとなっています。参列できないという方のために、今回は送る時期について詳しく説明をしていきます。

祝電を送る場合には、基本的に電報サービスを利用するのが一般的となっており、インターネットからの申し込みが現在では主流になっています。基本的に祝電の確認が行われるのが披露宴が開始する前になっているので、最低でも当日の1時間前には到着しているようにすると良いでしょう。しかし、急な場合は仕方がないですが、基本的には弔電とは違い、前もって分かっている事がほとんどとなりますので、しっかりと新郎新婦にお祝いのメッセージを送ることができるように、前日に届くようにしておくと安心です。

大抵の場合は申し込みの際には1カ月前くらいからサービスを利用することができるというところが多くなっているので、忘れないようにするためにも、できる限り早めに用意をするようにしておくと安心できます。前もって申し込みをすることができますが、あまりにも早く発送をしてしまうと、会場側のスタッフの方たちにも迷惑をかけてしまうこととなるので、できる限り前日に届くようにし、早くても2、3日前をめどに送るようにすると良いでしょう。このように、送る時期についても最低限知っておきたいことはあるので、できる限り前もって調べておき、新郎新婦の迷惑にならないように最低限のマナーは守るようにしましょう。

宛名や宛先の書き方は?

結婚式の祝電を書くという場合には、どのように書くのが正解なのか分からないという方もいて、悩む方も多くいらっしゃると思います。本来は出席することが一番良いのですが、万が一欠席をする場合にはしっかりと祝電を送るのが良いので、書き方についてもしっかりと理解をしておくようにしましょう。今回は参加できないという場面に遭遇した時の結婚式の祝電の書き方について詳しく説明していきます。

まず、結婚式の祝電は、一般的には新郎新婦宛が望ましいと言われていますが、新郎新婦との関係性によってはどちらか片方の姓のみの利用でも問題ないとされています。たとえば、結婚相手に面識がないという場合がありますが、こういった場合にはどちらか一方の姓で書かれている場合が多くなっています。

次に宛先の書き方についてですが、宛先は当然とはなりますが、挙式や披露宴が行われる会場の住所を記入するようにします。宛先は重要なポイントとなり、万が一間違えてしまった場合には届かないということになってしまい、新郎新婦に迷惑をかけてしまうということにもなります。届かないと新郎新婦との関係性も気まずい状態になる可能性もあるので、宛先は絶対に間違えないことが基本となります。何度も見直しをするようにしましょう。

次に文章の書き方としては、絶対にこのように書かなくてはならないというような決まりごとは存在していません。
失礼のないように書く範囲内ならば、どのような文章でも問題はありません。新郎新婦について両方のことを知っているのであれば、一人ずつ別々で書くという方法も問題ありません。しかし、文章の長さについては気をつける必要があります。特に仲の良い友人が結婚するという場合には、長文で祝電を書くという方もいますが、できる限り200文字から300文字程度に収めるようにしましょう。これらのマナーを守っておけば、問題ありません。

結婚式の祝電はインターネットを利用しよう

最近では、郵便局や電話以外にもインターネットで結婚式の祝電を利用することができるということをご存知でしょうか?インターネットが急速に進化してきたこともあり、インターネットで祝電もできるようになってきました。では、利用するメリットとは一体どのようなことがあるのでしょうか?今回はインターネットを利用することでのメリットについて紹介をしていきます。

まず一つ目のメリットは、豊富な祝電の種類から、よりふさわしいものを選べるということです。また、インターネット上で画像を確認することができるので、イメージ通りのものを選ぶことができます。友達に送る場合、同僚に送る場合、上司に送る場合など、さまざまな場面に応じたものがあるので、手間がかからず、とても便利なサービスとなっています。また、ネットを利用すれば、24時間いつでも申し込みができ、申し込み作業も数分で完了できるので、利用するメリットはたくさんあります。

定番商品