結婚式でも利用される電報

メインビジュアル

電報のあり方

いろいろなイベントやお祝い事の時に読まれると思いますが、電報というものが昔からあります。電報といえば、結婚式、学校の入学式や卒業式などでよく読まれます。その形式は昔も今も変わりがありません。その電報ですが、なにかのイベントの時に送られるもの以外では、訃報を伝えるときにもよく使われていました。昔は今のように通信手段が発達しておらず、電話が一般的に普及するまでは電報が一番早い連絡手段でした。現在では、電話やファックス、メールなどが普及したために緊急の連絡手段として電報が利用されるということはなくなりました。

電報といえば、かつては電話会社を通じて送るものと考えられていました。最近ではそんな状況も変わり、電話会社だけでなく、電報を専門で行っている業者からも送ることができるようになっています。最近の目的がお祝いを伝えることというよりは、イベントを盛り上げるための手段の1つとして使われるようになってきています。祝電を使う意味合いがだいぶ変わってきましたが、その分ちょっとしたサプライズを行うことができる品物として送られることが増えてきているようです。

さまざまなお祝いのシーンで利用されている祝電ですが、サプライズの意味合いを強く持つのが結婚式で送られる祝電です。学校での入学式や卒業式で送られる祝電は昔とあまり変わりがなく、花柄の台紙や押し花を用いた台紙などシンプルな見た目のものが多く選ばれる傾向にあります。結婚式には見た目も華やかなものが数多く取り扱われています。実際に結婚式で送られる祝電にはどのようなものがあり、どのように結婚式を盛り上げる効果があるのでしょうか。知らない人も多いと思いますので、その今時の結婚式の祝電のあり方を見てみましょう。

結婚式に花を添える祝電とは

結婚式に送られる祝電には、昔ながらのフォーマルな文章を書いた、かしこまった文面のものを送る方は現在でも少なくありません。しかし、それだけではなく贈る相手に合わせた電報の送り方というものがあります。その送り方には相手が友人の場合、同僚の場合、目上の人の場合とその相手とどのような関係であるかで送り方を変えることができるものです。

友人に送るような場合は、形式にとらわれることなく自由な発想で電報を選んでみてはいかがでしょうか。そんな友人に贈るものというのは、結婚式の会場の装飾などにもぴったりな、ウエディングドレスとタキシードをまとったかわいらしいぬいぐるみや、大きく見た目にもインパクトのあるバルーンなどとセットになっているものもあります。
他にも、思い出の写真を入れてインテリアとして新居などに飾ってもらえるフォトフレームとセットになったものや、華やかな模様のふろしきやふくさなどがセットになったものもあります。

このように、結婚式が終わった後にも使ってもらえるようなものとセットになっているものを選べば、結婚祝いのプレゼントもかねて贈ることができます。会社などの職場の同僚や上司などに贈るものとしては、生花やプリザーブドフラワー、豪華な刺繍が入ったものなど友人向けよりも少しフォーマル寄りの上品なものを選ぶと誰からでも喜ばれるでしょう。もちろん、贈る相手が上司であったとしてもぬいぐるみのようなかわいらしいものを贈ってはいけないというような決まりはありません。贈る相手との関係性だけでなく、どのくらい親しいのかなどによってもどのようなものを選べばいいのかが変わってきますので、贈る側の選ぶ楽しみというのも増えています。

電報の送り方

このように相手に合わせた祝電を送ることで、相手に喜ばれてからお礼をいただけるようなものが取り揃えてある業者もあります。電報は、昔ながらのお祝いの言葉を伝えるためだけのものから、お祝いの気持ちを込めたプレゼントへ変わりつつあります。より趣向を凝らしたものを贈るには、数多くの商品を取り扱っている専門業者にお願いするのも面白いかもしれません。

一般的に電報というのは商品によって金額が変わり、その商品ごとに決められた金額と、メッセージの文字数によって金額が決まります。文字数が多くなれば合計金額も高くなります。しかし商品によっては、メッセージ料金込みの金額の電報もあるので、そういったものを選べば文字数を気にすることなくお祝いのメッセージをつけることができます。
注文方法ですが、現在は電話の他にも携帯電話やファックス、インターネットなどでも注文することができます。インターネットであれば、商品の写真を見て選ぶことができるのでおすすめです。どのようなメッセージにすればいいのか悩んでしまう方は、数多くの文例の中から選ぶことができる業者を選べば安心して注文することができます。

結婚式などの場合は結婚式が始まる前に必ず式場に届くように注文する必要があります。迅速に届けることができる電報ですが、指定の日時に間に合うようにするために注文の締め切り日時が設けられている場合がほとんどですので注意しましょう。また、配達状況を確認できる業者もありますので、きちんと届いたのか確認したい方はこのような業者を選びましょう。

定番商品