結婚式!電報をうつ際に注意しておきたいことは?

メインビジュアル

結婚式の電報を送ろう!

人生において、結婚式ほど大切で特別なセレモニーはないと言っても過言ではありません。運命の赤い糸で結ばれた二人が、これから新しい人生をスタートさせるその瞬間に立ち会う人たちは、たくさんの幸せと喜びを祈らずにはいられません。お祝いの気持ちを込めて、電報を送ることを検討している方も多いことでしょう。

しかし、せっかく結婚する二人に幸せになってほしいと思っていても、ふさわしくない内容のものを送ってしまったり、くだけすぎて二人の気持ちに添わないものだったり、場の雰囲気を台無しにしてしまったりするのは避けなければなりません。ユーモアはあって良いのです。しかし、言葉一つとってみても、結婚式の際に使って良いものとそうではないものがありますので、ここは注意が必要です。その上で、結婚するお二人が嬉しくなるような内容のものをぜひ送って差し上げたいものです。

最近は、いろいろな工夫がされているものも多数登場しています。例えば、台紙にしても、かわいらしいものであったり、人気のキャラクターが付いているものであったりと、さまざまな種類があります。また、フラワーアレンジメントや花束などと一緒にメッセージを添えて贈ることもできますし、バルーンを用いたものやバルーンフラワーなどいろいろありますので、受け取る方のイメージや好みを想像しながら、その場にふさわしいと思うものを選ぶようにしましょう。中には、かわいらしいぬいぐるみが付いたものもあります。もちろん、よく目にする一般的なタイプを選んでも良いでしょう。結婚式はやはり特別なものですから、そのあたりのことは考えながら判断する必要があります。

どういうタイプの電報を送るかを決定したら、後は内容に入ります。心が温かくなるような素敵なメッセージを送りましょう。結婚式に受け取った電報は、大切な思い出として長く保管する方も多いですから、後々まで読むと優しい気持ちになれるようなものが理想です。

結婚式の電報の内容は?

たとえ近しい間柄の人の結婚であっても、数多くのご親戚や会社関係者、知人が集まる式の場では、あまりくだけすぎた話をするのは避けた方が賢明だとされています。仮に新郎、あるいは新婦が笑って聞いてくれたとしても、ご両親や親族は不愉快になってしまうこともあるからです。式の間に読まれることがなかったとしても、場合によっては新郎新婦の関係者の目に触れる可能性もないわけではありません。ですから、ここは真っすぐに心から祝福し、幸せを祈るような内容にすることをおすすめします。

また、避けた方が良い言葉もありますので注意が必要です。重ね言葉と呼ばれる「くれぐれも」や「皆々さま」なども避けた方が安心です。また、当たり前ですが、結婚が上手く行かなかったり長続きしなかったりするような内容も避けるべきでしょう。「切れる」「壊れる」「消える」「飽きる」「離れる」などの言葉も使わないにようにしましょう。もちろん、死をイメージさせてしまうような言葉や内容も絶対に使ってはいけません。

このように、こちらに悪気がなくてもつい使ってしまいがちな言葉もあるものです。メッセージを送る時は、内容はもちろん言葉一つ一つを吟味して選ぶことをおすすめします。もし、書くことに自信がないようなら、例文などを参考にして作成すると良いでしょう。ちょっとした会話であれば、時と共に過ぎ去っていくものですが、書面にした時点で良くも悪くも、いつまでも残ってしまうということを念頭に置いて文章を書くようにしたいものです。ここで取り上げたもの以外にも、あまり縁起の良くないような言葉を使うことは避けるため、文章を書き終わった後も何度も見直して、相手に不快な思いをさせないよう心がけることが大切です。

結婚式の電報の送り方について

結婚式の知らせを耳にし、ぜひ電報を送りたいと思ってもいつ送ったら良いのか迷うこともあるかもしれません。式の当日に間に合わないといったことも残念ですが、あまりにも早く送ってしまえば、今度はその管理について気になってきます。ですから、そのあたりのこともよく考える必要があります。結婚式が午前中に行われるような場合は、式の前日までには着くように手配することをおすすめします。また午後の式の場合は、式が始まる2時間前くらいには着くようにすると安心です。

また、宛名についてですが、女性は結婚すると新郎の名字になる方が多いため、どのようにすれば良いのか迷う方もいます。この場合は、女性は旧姓で送っても大丈夫です。また、電報の宛名についてですが、こちらも新郎新婦の名前宛てで送る必要はなく、新婦に送りたい方は新婦宛てで送っても問題ありません。

電報を取り扱っている企業によって、申し込みが可能な期間が異なっています。いずれにしても、式当日に間に合わないようなことが起きないように、早めに申し込んでおくことをおすすめします。中には、かなり早めに受け付けているところもあります。また、申し込み方法についてですが、こちらも企業によって違いがありますが、電話やWeb、ファクスなどいくつかの方法がありますので、調べてみましょう。24時間受け付けているようなところだと、すいている時間を利用することができて便利です。中には、文章だけでなく文字のサイズや種類も選べるようなところもあるので、情報を収集し、比較検討してみることをおすすめします。

定番商品